フォト
無料ブログはココログ

« 医者は医者らしく | トップページ | 汚いというより大人気ない「アルタ前フォーメーション」 »

2011年8月25日 (木)

国汚れても山河あり

 「故郷の山野を大事にしたい」自分も田舎者なので歳を重ねるごとに、そんな気持ちが強くなってきた。だが、福島の浜通り、とりわけ原発近くにお住まいであった方々は、そんなセンチメンタルな気持ちよりも、現実的に一刻も早く「故郷」に戻りたいだろう。

 しかしこれからは、ある意味かつてのユダヤ人のような覚悟が必要だ。画期的で完璧な除染技術が開発されるまでは、いつか必ず戻るという強い気持ちを持ちつつも、何処かに腰を落ち着けるしかない。これ以上、政府の甘い言葉や希望的観測に翻弄されるのは拒否しよう。今はきちんとしたコミニュティを整備、提供させることの方が肝要。現実は直視せざるを得ない。

 明治維新直後の「会津(斗南)藩の悲劇」は悲劇で終わらない。多くの人が戻ってきたではないか。今度もそれを再現しよう。たとえ何十年かかろうとも…

« 医者は医者らしく | トップページ | 汚いというより大人気ない「アルタ前フォーメーション」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国汚れても山河あり:

« 医者は医者らしく | トップページ | 汚いというより大人気ない「アルタ前フォーメーション」 »